M邸が竣工しました

-
salastaff

新年あけましておめでとうございます。
今年もひきつづき、アトリエサラスタッフブログを皆で記してまいります。

新年第一弾として、マンションリフォームの実例を鷹野がレポートさせていただきます。

M様邸
既存は60㎡弱の3DKでして、角部屋ではあるものの 部屋が細かく区切られた間取りでした。

村上邸既存図_page-0001


廊下

廊下が長く、全体的に暗いイメージの既存写真になります。


お施主様のご要望としては、
動線がすっきりしていて高齢になっても暮らしやすく、開放感のある空間。
そして光が差し込むキッチンを。ということでした。
さまざまなプランをご提案している過程で、
お客様のほうから「もっと物を少なくして暮らしたい!」とお声かけをいただき、収納スペースも最小限となっていき
ホテルの1部屋のような、シンプルな間取りになりました。

玄関を入ると
リビングと畳スペース

リビング


ダイニングとキッチン・・

ダイニング



そして寝室とつながり、3枚の引き戸を隔てて水回りスペースにつながります。
普段引き戸は開け放し、バルコニーの窓全面から明るく光が注ぎます。

寝室からみずまわり



畳スペースの下は引出し収納に。

たたみ


キッチンも設計させていただきました。

キッチン

DSCF8173.jpg

L型キッチンのデットスペースもキャスター付き収納で、余すところなく有効活用します。
キッチンに立つ時がいちばん幸せ、と喜んでいただいております。

DSCF8120.jpg

洗面所と浴室のあいだにもガラス窓を設け、お風呂も明るい空間に。


トイレ

トイレの手洗いは、お招きしたお客様に手を洗っていただく際も心配がいらないように
水はねがしないしっかりとしたもの、というご要望で深めのシンクを選定しました。
オンボウルタイプのシンクに大判タイルを組み合わせ、落ち着いたレストルームに。

床材はヒノキ、壁も珪藻土、と素材にもこだわって仕様を決めていき
築45年のヴィンテージマンションが、M様だけのオーダーメイド空間に変化しました。

お引越しを終えたお客様より
「アトリエサラさんのおかげで、もういちど生まれ変われたように、暮らしを楽しんでいます!」とメッセージをいただきました。


IMG_9326 (002)
M様、誠に有難うございました。

Takano




salastaff
Posted bysalastaff